ページの先頭です。

ホームの中のJNB投資信託の中の特集の中の実力で選ぶなら中小型? ハイパフォーマンスの投資信託とは?

ここからページの本文です。

実力で選ぶなら中小型? ハイパフォーマンスの投資信託とは?

日本株投資 日本株の狙い目は“ココ”! 実力で選んだ! ハイパフォーマンスの投資信託とは?

日本株式投資といえば「日経225」や「TOPIX」と考えてはいませんか?
それよりも高いパフォーマンスを残しているファンドがあるのをご存知でしょうか。
その魅力と特徴をご紹介します。

ハイパフォーマンスは中小型にあり!

日本株式投資を考えた時、ハイパフォーマンスを続けてきた投資先をご存知でしょうか。
それが中小型株です。中小型株は、株式の時価総額で分類したときに、中型株・小型株に分類される株式の総称です。一般的に、大型株に比べて、中小型株の方が未成熟であるがゆえに、将来的な成長の余地が残されているため、「うまく投資先を選定できれば」、大きなリターンとなる可能性があります。

ジャパンネット銀行で購入できる中小型株を投資対象とするファンドには以下のファンドがあります。本当にいいパフォーマンスだったのか確認してみましょう。

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称:jreviveII
中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(年2回決算型)/愛称:jnextII

実績で比べる! 中小型株投資

過去のパフォーマンスを比較してみましょう。
日経平均株価などと比較しても、パフォーマンスの良さが確認できます。
もちろん、パフォーマンスが落ち込んでいる時は、日経平均等よりも落ち込みが大きい場合があるので注意しておくことも必要です。

  • ※2006年7月31日時点の各株式指数、ファンドの基準価額を100と指数化しております。
  • ※長期の運用結果をご確認いただくため、該当ファンドのマザーファンドの実績を使用しております。
  • ※ファンドのコスト等は考慮しておりません。

ただのハイリスク・ハイリターンではない? 投資効率も圧倒的

過去の成果を見ると、確かにいいパフォーマンスですが、単純にハイリスク・ハイリターンなのでしょうか。
そのことを確認するために、過去の投資効率をチェックしてみました。
横軸が右に移動するにつれて、リスクを多くとっていることを示し、縦軸が高い位置にある方がリターンを多く得られたことになります。
この図からも、今回ご紹介する「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)/愛称:jreviveII」と「中小型成長株ファンド−ネクストジャパン−(年2回決算型)/愛称:jnextII」がTOPIXなどと同レベルのリスクをとって、大きなリターンを得ていることが分かります。

  • ※過去3年間(2017年11月30日基準)のリスク・リターンマップ。
  • ※長期の運用結果をご確認いただくため、該当ファンドと同じマザーファンドに投資するファンドの実績を表示しております。

投資信託口座をお持ちでない方

投信口座開設

投資信託口座をお持ちの方

投信取引(ログイン)

普通預金口座をお持ちでないお客さまは、最初に普通預金口座開設をお願いいたします。

ご留意事項
このご案内は情報の提供のみを目的としており、投資または特定の商品を勧誘するものではありません。銘柄の選定など、投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断で行っていただきますようお願いいたします。
本サイトに掲載されている事項は投資信託等に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
本サイトは信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
本サイトは、特定の金融商品等の勧誘を目的とするものではありません。
本サイト中の数値・グラフ等は、過去の実績・状況であり、将来の市場環境等や運用成果等を示唆・保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。