ページの先頭です。

ここからページの本文です。

団体信用生命保険の選び方

プラン毎にカバーできるリスクや上乗せ金利に違いがあります。ご家族の働き方や構成(共働きや専業主婦、子供が生まれたばかりなど)などによって万一の時に必要な保障は異なります。
お客さまにあった団信保障プランをご選択ください。

団信保障プランの特徴

団信保障プラン

上乗せ金利

概要

一般団信
なし
死亡・所定の高度障害状態・余命6ヶ月以内と判断された場合、住宅ローン残高が「0円」となるプランです。
がん50%保障団信
+0.1%
一般団信の保障に加えて、がんと診断確定されたら住宅ローン残高が「半分」となるプランです。
がん100%保障団信
+0.2%
一般団信の保障に加えて、がんと診断確定されたら住宅ローン残高が「0円」となるプランです。さらに、がん診断給付金による保障100万円、上皮内がん診断給付金/皮膚がん診断給付金による保障50万円が付きます。
11疾病保障団信
+0.3%
がん100%保障団信の保障に加えて、10種類の生活習慣病で180日継続入院された時、住宅ローン残高が0円となるプランです。
さらに、入院一時給付金による保障10万円、初回入院給付金/継続入院給付金による保障(毎月返済額を保障)が付きます。
ワイド団信
+0.3%
健康上の理由で一般団信にご加入いただけない方でも加入しやすいように引受基準を緩和したプランです。
保障内容は一般団信と同一となります。

※ご加入には保険会社所定の引受審査があります。すべての方がご加入になれるわけではございません。

がん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信は、加入時年齢が50歳未満のお客さま、ワイド団信は、加入時年齢が65歳未満のお客さまがご利用いただけます。

※申込人の健康状態によってご加入をお断りする場合があります。

※同一の申込番号で、複数回お申し込みおよび告知をいただいた場合、最後にお申し込みおよび告知いただいた内容に基づく審査結果となります。

※がん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信にご加入いただけない場合、改めて一般団信のお申し込みをお願いしております。

※一般団信にご加入いただけない場合、保険会社が自動的にワイド団信の査定を行います。

※借入金額の合計が5,000万円超のお客さまは、保険会社所定の健康診断結果証明書の提出が必要です。健康診断結果証明書は保険会社の専用書式となりますので、印刷して郵送でご提出ください。所定の健康診断結果証明書の要件を満たすものであれば、定期健康診断結果通知書などの写しでも代替できます。(健診日が告知日から14ヶ月以内の最新のものに限ります。)

※健康診断の受診について医療機関の指定はございません。

※ご契約後の団信保障プランの変更はできません。

※各団信保障プランの保障内容の詳細については、団体信用生命保険または「被保険者のしおり」をご確認ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ホームの中のローンの中の住宅ローンの中の団体信用生命保険の中の団体信用生命保険の選び方

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。