ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の金融犯罪にご注意の中のフィッシング(Phishing)

ここからページの本文です。

フィッシング(Phishing)

本物のサイトに似せて第三者が不正に公開しているサイトを「偽サイト(にせさいと)」といいます。
偽サイトにはわざと誤った情報が掲示されていたり、偽サイト上で個人情報やログインパスワードなどを入力すると、偽サイトの管理者に盗み取られることがありますので注意が必要です。
「フィッシング(Phishing)」は、企業や金融機関などからの発信を装って電子メールを送り、にせのウェブサイトに誘導してID、パスワードなどを入力させてだまし取る詐欺で、警戒が必要です。

被害を防止するためには
  • 信頼できないウェブサイトや不審な電子メールに掲載されたリンクはクリックしないよう、ご注意ください。
  • SSLが使用されていないページや、証明書の発行先が異なるページでは、ログインパスワードの入力は絶対に行わないでください。
  • 表示されたページが正当な当社サイトかどうか確認してください。
    正当な当社サイトかどうかは、次の事項によりご確認いただけます。とくに、個人情報や口座番号、ログインパスワードを入力する際には、ご確認いただきますようお願いいたします。

    アドレス欄をご確認ください

    アドレス欄のURLはhttps://www.japannetbank.co.jp/〜あるいはhttps://login.japannetbank.co.jp/〜など下表の「当社が使用しているドメイン名」から始まるURLまたは当社が使用しているサーバーなどであることを確認してください。

    https://www.japannetbank.co.jp/

    あるいは、
    https://login.japannetbank.co.jp/

    カギマークをご確認ください

    当社サイトで個人情報や口座番号、ログインパスワードを入力するページは全てSSLを使用していますので、ウィンドウ下部(ステータスバー)にカギのマークが表示されます。カギのマークをクリックして表示される証明書の「発行先」が、login.japannetbank.co.jpなど下表のジャパンネット銀行が使用するドメイン名またはサーバーなどであることを確認してください。

ドメイン名をご確認ください
当社が使用しているドメインなど 左記ドメインおよびサーバーを使用しているページ
japannetbank.co.jp ジャパンネット銀行ホームページ
japannetbank.net(※) ジャパンネット銀行ホームページ
search.japannetbank.co.jp
faq.japannetbank.co.jp
ジャパンネット銀行サイト内検索
ジャパンネット銀行よくあるご質問
fcd.japannetbank.co.jp 外貨預金
trust.japannetbank.co.jp
fund.japannetbank.co.jp
投資信託
fxplus.japannetbank.co.jp FX
cc.japannetbank.co.jp
japannetbank.co.jp
fxplus.japannetbank.co.jp
メール通知サービス
  • お取引に関するメール
  • ジャパンネット銀行からのお知らせメール
    (重要なお知らせ、キャンペーン情報など)

※ジャパンネット銀行お客さまアンケートは「questant.jp」を使用しています。

※www.japannetbank.netは当社が取得しているドメインです。このドメインでアクセスいただいた場合、上記co.jpと同じサーバーを参照します。ブックマークなどはco.jpにお願いいたします。
万一、偽サイトを発見された場合は当社へご連絡くださいますようお願いいたします。

SMS(ショートメッセージサービス)の送信元番号については、SMS(ショートメッセージサービス)をご確認ください。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。