ページの先頭です。

ホームの中の2021年4月5日、ジャパンネット銀行は「PayPay銀行」へ社名を変更いたします。

ここからページの本文です。

2021年4月5日
ジャパンネット銀行は
「PayPay銀行」へ
社名を変更いたします。

私たちは、日本初のインターネット銀行として誕生し、これまでの20年間、
銀行の当たり前を変える挑戦を続けてまいりました。

そして、これから先の未来にむけ、さらに身近で便利な銀行を目指し
新たな社名でスタートいたします。

新社名
PayPay銀行株式会社(英文名:PayPay Bank Corporation)
変更日
2021年4月5日

※なお、本決定は、株主総会における定款変更の決議、関係当局の認可を前提としています。

プレスリリース

口座をご利用のお客さま・
提携企業様へのご案内

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
社名変更後も、ジャパンネット銀行のサービスは継続してまいります。

変わらないこと

皆さまにご愛顧いただいているジャパンネット銀行のサービスは、今後も変わらずご利用いただけます。

口座をお持ちのお客さま

今持っているキャッシュカードは使えなくなりますか。
ジャパンネット銀行名のキャッシュカードは、社名変更後もお使いいただけますのでご安心ください。
口座利用者は、何か手続きが必要ですか。
現時点でお客さまにお手続きいただくことはございません。詳細が決まりましたら、ホームページやメール等でお知らせいたします。
商品やサービス、手数料は変わりますか。
現時点で変更は予定しておりません。変更がある場合は、ホームページやメール等でお知らせします。

ビジネスでご利用のお客さま

PayPay加盟店でないと、ビジネス用口座は開設できませんか。
PayPay加盟店でなくても開設いただけます。これまでどおり、すべての事業者様に安価で利便性の高いサービスをご利用いただけるよう商品設計を行ってまいります。

提携企業様

現在の提携事業や取引に何か影響はありますか。
これまで同様にお取引をさせていただきます。

変わること

Zホールディングス金融系グループ会社は、お客さまに親しみを感じていただけるよう、名称を「PayPay」で統一いたします。

なぜ社名を変えるのですか。
ジャパンネット銀行は今年創業20年を迎えますが、これまでお客さまとともに築き上げてきたものをベースに、「PayPay」ブランドのメリットも活かしより良いサービスをお届けしていくために、今回社名変更することにいたしました。
「PayPay銀行」という名称にしたのはなぜですか。
Zホールディングスのグループ連携を深め、よりお客さまに利便性の高い金融サービスを提供していくため、金融系グループ会社の社名を「PayPay」のブラントに統一したものです。

その他のよくあるご質問はこちら「社名変更について

ジャパンネット銀行は
PayPay銀行へ進化します

ジャパンネット銀行とPayPayは、これまでも共に両社サービスの利便性を高める取り組みを進めてまいりました。

PayPay加盟店様へは、売上金の翌日入金、またその際の入金手数料永年無料化など、キャッシュレス化を強力にサポートしてきました。
PayPayユーザー様へは、PayPay残高からジャパンネット銀行口座への出金手数料を無料としております。

そして、ジャパンネット銀行として20年間培ってきたお客さまへの安心・安全の信頼を、スマホ決済という新しいシーンでより優れた価値にしてまいります。

今後も変わらぬお付き合いを
お願いいたします

社名が変わりましても、現行サービスは品質を落とすことなく、ご提供を継続していくことはもちろん、新たに魅力的なサービスも展開してまいります。

ジャパンネット銀行をご愛顧くださっているお客さま、お取引企業の皆さまにおかれましては、今後も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。
共にサービスを提供いただいている提携企業の皆さま、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。