ページの先頭です。

ホームの中のマーケット情報の中のテクニカるナビの「ボリンジャーバンド」をみてみよう!

ここからページの本文です。

テクニカるナビの「ボリンジャーバンド」をみてみよう!

テクニカル分析にはいろいろな種類があり、為替取引などに活用されています。
今回は、テクニカル分析の一つである「ボリンジャーバンド」をみてみましょう。

2016年4月〜10月 日足USD/JPYチャート

USD/JPY 日足 ボリンジャーバンド

上記期間のチャートでは、為替レートは一番上の線(+2σ)付近まで上昇後、下落する傾向、一番下の線(-2σ)まで下落後、反転している傾向がでています。
ボリンジャーバンドがある程度のレンジ相場で威力を発揮しているのがわかります。
ただし、英国民投票(2016年6月24日)などの大きなイベント発生時においては、テクニカル分析は機能しない場合もあるので注意が必要です。

テクニカるナビのボリンジャーバンドでは、レートが±2σを抜けた後、下記シグナル条件に基づきトレンドが反転したと考えられるタイミングで売買シグナルが点灯します。お取引のご参考にご活用ください。

テクニカるナビでのボリンジャーバンドのシグナル点灯条件

買いシグナル 終値がボリンジャーバンド-2σを下から上に抜けた後、-1σを下から上に抜けた時
売りシグナル 終値がボリンジャーバンド2σを上から下に抜けた後、1σを上から下に抜けた時
シグナルをアプリでプッシュ通知
「テクニカるナビ」アプリでは、売買シグナルもアプリ通知設定が個別にできます。ご自分の投資スタイルにあわせてご活用ください。
アプリのご利用は無料です。ジャパンネット銀行の口座をお持ちでないお客さまも無料でご利用いただけます。

スマートフォンアプリ版はこちら

ご利用上の注意
ジャパンネット銀行が提供する『テクニカるナビ』(以下、本サービス)は、お客さまの投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、特定通貨の売買や投資判断ならびに外国為替証拠金取引や外貨預金、その他金融商品などの投資勧誘を目的としたものではありません。お取引に関する最終的な判断はお客さまご自身の責任にて行ってくださいますようお願いいたします。
株式会社ジャパンネット銀行は、本サービスについて内容の正確性、安全性を保証するものではありません。
本サービスの配信レートは、JNB-FX PLUSの配信レートを使用しておりますが、データ更新のタイミングの都合上、取引システム上のJNB-FX PLUS配信レートとは異なる場合がございます。
本サービスにおいて提供される情報の知的財産権は、情報提供者(株式会社シンフォー)に帰属します。お客さまは、株式会社ジャパンネット銀行または情報提供者(株式会社シンフォー)の承諾を得ずに、当該情報及び加工・集計したデータの一部または全部について、再配信、複製、転用、転載、改変、引用、蓄積、出版、送付、販売、配布、放送、修正、頒布等または営業目的での利用を行うことはできません。
本サービスの利用によって生じたいかなる損害についても、株式会社ジャパンネット銀行、株式会社シンフォーは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。