ページの先頭です。

ホームの中のFXの中のお取引に際して 信託保全

ここからページの本文です。

お取引に際して

信託保全について

信託保全とは?

お客さまからお預かりした証拠金(注)と当社の資産を分けて管理するために、信託銀行等と信託契約を締結し、お客さまからお預かりした証拠金(注)をその信託口座にて管理することをいいます。
JNB-FX PLUSでは、三井住友銀行と信託契約を締結し、お客さまからお預かりした証拠金(注)を信託口座にて分別管理いたします。

(注)JNB-FX PLUSの証拠金の区分管理必要額は、お客さまからお預かりした証拠金に、実現損益、評価損益およびスワップポイント損益を加減算した金額になります。

信託保全のしくみ

通常時

信託保全対象額は、毎営業日を計算基準日として確定し、計算基準日の翌日から起算して2営業日以内に三井住友銀行へ信託設定します。
(普通預金、定期預金へお預けいただいているご資金は対象外となります。)

当社破綻時

万一、当社が破綻した場合、受益者代理人を通じてお客さまに帰属する証拠金を返還いたします。
(返還される金額は、お客さまの外国為替証拠金取引の評価損益等を反映した金額となります。)

※受益者代理人とは

受益者代理人は、保全金額の照合等に確認をする役割を担っております。当社は弁護士を選任しております。万一、当社が破綻等した場合は、受益者代理人がお客さまの資産保全のために権限を行使することとなっております。

ご注意ください
信託保全は、JNB-FX PLUS取引の元本を保証するものではありません。取引においては、お客さまの予想に反して為替変動が発生した場合など、預け入れた証拠金(預入証拠金)に対し、損失を被る場合があります。
信託保全では、区分管理必要額と追加信託期限に時間差があること等から、信託されるまでの間は信託口座の保全対象にはなりません。
当社および信託先の三井住友銀行の業務または財産の状況が悪化した場合、証拠金その他のお客さまの資金の返還が困難になることで、損失が生じることがあります。
当社は、当社が破綻等し、お客さまへ信託保全された証拠金を返還する場合に限り、お客さまの個人情報を受益者代理人および三井住友銀行に提供することがあります。
三井住友銀行は当社から信託された資産の管理のみを行うことになります。したがって、三井住友銀行が当社に代わってお客さまに対して資金等の支払い義務を負うものではありませんので、お客さまから三井住友銀行に対して証拠金等の返還を直接請求することはできません。

ここからサイトのフッターメニューです。