ページの先頭です。

ホームの中のFXの中の特集の中の米国雇用統計

ここからページの本文です。

為替を動かす注目指標!月に一度のBIGイベント!!

米国雇用統計

2022年1月の発表は1月7日(金曜日)22時30分

なぜ、雇用統計が注目されるのか

雇用統計はその国の雇用情勢を表わす指標です。
世界各国がそれぞれの雇用統計を発表していますが、特にアメリカの雇用統計は注目度が高く、
為替相場に与える影響は非常に大きいものがあります。

前回(2021年12月)の米国雇用統計のおさらい(発表:原則毎月第1金曜日)

  結果 予想 ギャップ
失業率

結果

4.2%

予想

4.5%

ギャップ

−0.3%

非農業部門雇用者数(前月比)

結果

21.0万人

予想

55.0万人

ギャップ

−34.0万人

平均時給(前月比)

結果

0.3%

予想

0.4%

ギャップ

−0.1%

市場予想と結果のギャップが大きくなると、値動きが激しくなることが多い

過去の米国雇用統計結果の一覧(1年分)

2021年12月3日の米国雇用統計発表時USD/JPYのチャート(1分足)
高値113円27銭付近 安値112円87銭付近
  • 今回の雇用統計では、非農業部門雇用者が予想を下回ったことから米ドル/円は下落しました。
  • 失業率が予想より強い結果となったことと、米長期金利の上昇に伴い、その後ドル買いがすすみ、米ドル/円は持ち直す結果となりました。

米国雇用統計の基礎知識を
身につけよう

雇用統計っていつ・何が発表されるの?

発表日時
原則毎月第1金曜日 21時30分(※冬時間は22時30分)
発表機関
アメリカ労働省 労働統計局(U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)
発表内容
米国雇用統計は10数項目の指標が発表されますが、その中でも注目すべきは「非農業部門雇用者数」、「失業率」、「平均時給」。この3つの「予想値」と「発表値」のギャップが大きいほど、為替相場に大きな影響を与えます。特に、「非農業部門雇用者数」は想定外の数字が発表されることが多く、市場にサプライズを招きます。このようなことから、市場関係者の多くが雇用統計を「お祭り」と呼びます。

為替影響はどのくらいあるの?

「非農業部門雇用者数」、「失業率」、「平均時給」、この3項目の「予想値」と「結果(発表値)」のギャップが
大きいほど、為替相場に大きな影響を与えます。ご参考として以下をご覧ください。

サプライズ発生 約1分間で約40銭円安に!

発表日:2019年12月6日(金曜日)
発表内容:米国雇用統計(2019年11月の失業率・非農業部門雇用者数・平均時給)
USD/JPY FX 5分足チャート(BIDレート)

過去の米国雇用統計結果の一覧(1年分)

発表月

失業率

非農業部門
雇用者数(前月比)

平均時給
(前月比)

  • 2021年

  • 1月

    6.7%

    −14.0万人

    0.8%

  • 2月

    6.3%

    4.9万人

    0.2%

  • 3月

    6.2%

    37.9万人

    0.2%

  • 4月

    6.0%

    91.6万人

    −0.1%

  • 5月

    6.1%

    26.6万人

    0.7%

  • 6月

    5.8%

    55.9万人

    0.5%

  • 7月

    5.9%

    85.0万人

    0.3%

  • 8月

    5.4%

    94.3万人

    0.4%

  • 9月

    5.2%

    23.5万人

    0.6%

  • 10月

    4.8%

    19.4万人

    0.6%

  • 11月

    4.6%

    53.1万人

    0.4%

  • 12月

    4.2%

    21.0万人

    0.3%

※非農業部門雇用者数は速報値の数字です。

ご注意ください
本情報は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。
最終的な投資方針や投資を行う時期等につきましては、ご自身で判断されますようお願いいたします。
本情報による利用者の皆さまに生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
本情報における情報の内容を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。