ページの先頭です。

ホームの中の外貨預金の中の外貨定期預金 定期預金満期取扱ルール

ここからページの本文です。

外貨定期預金

定期預金満期取扱ルール

外貨定期預金の満期日は、満期月の預入日と同一日付になりますが、月末で同一日付がない場合は、その月の最終日になります。また、外貨定期預金の満期日が休日(土曜日・日曜日・祝日)と重なる場合、満期日を翌営業日に振り替えます。ただし、月末の場合は前営業日への振り替えとなります。

通常

5月15日(月曜日)に1ヶ月定期を預け入れた場合の満期日は6月15日(木曜日)

月末で同一日付がない場合

5月31日(火曜日)に1ヶ月定期を預け入れた場合の満期日は6月30日(金曜日)

満期日が休日と重なる場合

5月15日(木曜日)に1ヶ月定期を預け入れた場合の満期日が6月15日(日曜日)の場合、満期日は6月16日(月曜日)に振り替え

満期日が休日と重なり、かつ月末の場合

5月30日(水曜日)に1ヶ月定期を預け入れた場合の満期日が6月30日(土曜日)の場合、満期日は6月29日(金曜日)に振り替え

ご注意ください
  • 12月31日、1月2日、1月3日は休日として扱われ、定期預金満期取扱ルールが適用されます。
  • 自動継続の定期預金で、満期日が前後に振り替えられても、継続後の満期日は当初預入日と同一日付になります。

(例)

4月15日に預け入れた1ヶ月定期自動継続の満期日

※青く囲った日付が満期日を示しています。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。