ページの先頭です。

ここからページの本文です。

ジャパンネット銀行の投資信託がYahoo!ファイナンスから購入可能に総取扱ファンド数は銀行No.1の459ファンド。投資信託情報の閲覧から口座開設、売買、資産状況の確認をワンストップで行うことが可能に

JNB投資信託の重要事項について

2020年10月5日

各  位

株式会社ジャパンネット銀行

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下「ジャパンネット銀行」)では本日より、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:川邊健太郎、以下「Yahoo! JAPAN」)が運営する日本最大級の金融情報総合サイト「Yahoo!ファイナンス(外部サイト)」から、ジャパンネット銀行が販売するすべての投資信託(459ファンド)の購入が可能になるサービスを開始します。

「Yahoo!ファイナンス」では、株式、投資信託、為替(FX)など金融商品情報を幅広く提供していますが、これまで金融商品を実際に購入することはできませんでした。そのため投資信託などの金融商品を購入する場合、証券会社や銀行などのサイトに遷移するか、実際の店舗に行く必要がありました。このたび、Yahoo! JAPANが金融商品仲介業サービスを開始しジャパンネット銀行の投資信託の取り扱いを開始したことにより、「Yahoo!ファイナンス」から、投資信託情報の閲覧から口座開設、売買、資産状況の確認をワンストップで行えます。またスマートフォンアプリにも対応しており、いつでもどこでも、投資信託が購入できます。


Yahoo!ファイナンス「ファンド詳細画面」から購入画面へ移動、取引を行うことができます。

JNB投資信託では、2020年9月30日より、新たに40ファンドの取り扱いを開始し、投資信託の総取扱ファンド数は銀行No.1(※)の459本となりました。また、そのすべてが購入時に手数料が発生しないノーロードファンドです。

「Yahoo!ファイナンス」の金融商品情報とジャパンネット銀行の金融商品提供をシームレスにすることにより、資産運用をお客さまにとってより身近なものにしていきます。

※投資信託(金融商品仲介業を除く)の取り扱いがある、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ソニー銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行で調査(ジャパンネット銀行調べ:2020年10月1日時点)。

【ヤフー株式会社の会社概要(2020年3月31日現在)】

商号:ヤフー株式会社
本社所在地:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
資本金:199,250百万円(2020年6月30日現在)
代表者:代表取締役社長 川邊 健太郎
登録番号:関東財務局長(金仲)第910号

以上

ホームの中の会社案内の中のニュースリリース(2020年)の中のジャパンネット銀行の投資信託がYahoo!ファイナンスから購入可能に

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。