現在位置 ホームの中の会社案内の中のニュースリリース(2006年)の中のヤフーと三井住友銀行グループの資本提携を伴う業務提携について
本文ここから

ヤフーと三井住友銀行グループの資本提携を伴う業務提携について

2006年6月29日
各 位
ヤフー株式会社
株式会社ジャパンネット銀行
株式会社三井住友銀行
ヤフーと三井住友銀行グループの資本提携を伴う業務提携について
ヤフー株式会社(代表取締役社長 井上 雅博、以下「ヤフー」)、株式会社ジャパンネット銀行(代表取締役社長 藤森 秀一、以下「ジャパンネット銀行」)及び株式会社三井住友銀行(頭取 奥 正之、以下「三井住友銀行」)は、2006年3月30日に締結した「提携に関する合意」に基づき、本日、業務提携に関する基本契約及び出資契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
1.業務提携の概要
ヤフー及びジャパンネット銀行は、双方の培ってきたブランド、顧客基盤、ノウハウ、経験等を活かしながら、新たな商品及びサービスを共同で開発し、お客さまに提供いたします。
第一弾といたしまして、ヤフー及びジャパンネット銀行は「Yahoo!オークション」において、オークション落札後の利用者間の決済の利便性を向上させた新サービスを開始いたします。このサービスは、オークション落札者が出品者に商品代金を送金する際に、ジャパンネット銀行の口座間であれば振込先の指定が容易にできる、というものであり、2006年11月の開始を目標に準備を進めております。
更に今後、この決済手段に加えて、ヤフーはお客さまに既存サービスやYahoo! JAPAN IDと密接に連携した安全性・利便性の高い先進的な決済サービスと金融サービスを提供し、また、ジャパンネット銀行は、消費のシーンにより近づいたネット決済サービスを提供することを通じて、同行ユーザーの利便性向上とユーザー数の拡大を目指します。
2.資本提携の概要
新決済サービス開始に向けて、ジャパンネット銀行は、2006年9月29日をもって増資を行います。なお、銀行持株会社につきましては、引き続き関係当局の認可取得を前提に、設立の検討を行ってまいります。
ジャパンネット銀行は、以下の条件により第三者割当増資を実施し、ヤフー及び三井住友銀行はこれを引受けるものとします。これにより、ジャパンネット銀行の発行済株式の保有比率はヤフー40%、三井住友銀行40%となり、議決権比率はヤフー10.4%、三井住友銀行59.7%となります。
(1) 普通株式の発行
  1)発行新株式数 176,200株
  2)発行価額総額 13,215,000,000円(1株につき75,000円)
  3)割当先及び割当株式数 a)三井住友銀行 116,000株
(払込価額:8,700百万円)
b)ヤフー 60,200株
(払込価額:4,515百万円)
  4)払込期日 2006年9月29日
(2) 取得条項付無議決権株式の発行
  1)発行新株式数 283,800株
  2)発行価額総額 21,285,000,000円(1株につき75,000円)
  3)割当先及び割当株式数 ヤフー 283,800株
(払込価額:21,285百万円)
  4)払込期日 2006年9月29日
  なお、ヤフーが銀行主要株主の当局認可を取得した場合には、ヤフーはジャパンネット銀行の総議決権の40%を保有することとなります。
3.今後の日程(予定)
2006年9月29日 ジャパンネット銀行の増資
2006年11月 新決済サービスの開始
以上
【お問い合わせ先】
ジャパンネット銀行 カスタマーセンター
http://www.japannetbank.co.jp/
このページの先頭へ
本文ここまで
メインメニューへジャンプ