ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の当社のセキュリティの中のシステム面での取り組み

ここからページの本文です。

システム面での取り組み

当社の、システム面でのセキュリティ強化の取り組みをご紹介いたします。

最高水準の本人認証システム(お客さまの口座が第三者に不正利用されないように)

当社サイトで口座をご利用いただく際には、ログインパスワードによりご本人を確認する認証システムを採用しています。さらに、振り込み、住所変更などの大切な取引の際には、ワンタイムパスワードの入力を要求する一層高いセキュリティ対応を行っており、当社が発行するトークンを所持している方のみが手続きできるようにして取引の安全を図っています。

(1)第三者の不正利用を防止するために、当社では次の機能を採用しています。
  • 10分以上お客さまからの入力がない場合は、タイムアウト機能により自動的にログアウトします。
  • ログインパスワードは一定回数以上誤って入力すると失効し、ご利用いただけなくなります。
(2)より安心してご利用いただくために、当社では次の機能を採用しています。
  • ログイン後のWelcome Pageで、前回のログイン日時がご確認いただけます。
  • 取引明細照会で、取引時刻がご確認いただけます。
  • 振り込みをお受けした場合やお客さまのログインパスワードが失効した場合などは、Eメールにてお知らせいたします。

SSL128bit暗号化通信(お客さまとの通信がインターネット上で盗聴されないために)

当社ではインターネット通信において、SSL(Secure Sockets Layer)128bit暗号化通信を採用しています。
ログイン後のお取引画面や口座開設申込画面など、お客さまの個人情報を送受信するデータは暗号化されていますので、万一盗聴されても内容を見ることはできません。

SSL128bit暗号化通信には、SSL128bitに対応するブラウザをご利用いただく必要があります。

Eメールは暗号化されませんので、メール通知サービス(my m@il)など、当社からお客さまへお送りするEメールにはお客さまの住所や電話番号など個人を特定する重要な情報を記載しない措置をとっています。

ご利用環境

「EV SSL証明書」について

EV SSL証明書により、お客さまが当社のサイトにアクセスされたときに、ブラウザのアドレスバーの背景色が緑色に変わり、正当なサイトであることを簡単に確認できます。

「EV SSL証明書」の対応について

ファイアーウォールによるサーバの保護(お客さまの情報に不正アクセスされないために)

当社では、お客さまの個人情報を記録しているデータベースやサーバは、複数のファイアーウォールとアクセス監視システムで保護することにより、外部からの不正侵入を防止しています。また、専門機関によるテストにより、セキュリティホールがないことを定期的に検査しています。

社内セキュリティシステム(お客さまの情報が外部に流出しないために)

当社では、お客さまからの信頼を第一と考え、お客さまの情報管理を徹底しています。
ホストコンピュータは社内からのアクセスに対してもファイアーウォールで保護されています。また、お客さまに関する情報は、システムおよび社内規程により適正に保護されています。
社員がお客さまの情報にアクセスするのは必要最低限の場合のみであり、アクセスできる権限も厳格に管理しています。特にお客さまのログインパスワードや暗証番号は、システム内に暗号化して格納されており、見ることができない仕組みとなっています。たとえ、お客さまご本人からお問い合わせいただいても、ログインパスワードや暗証番号はお答えすることができません。

システムの安定稼動のために

当社は、金融機関としての公共的使命と、ネット専業銀行としてのシステムの重要性を十分認識し、システムの安定稼働に向け、システムの増強、サイバーテロの監視などの取り組みを行っています。
万一に備え、主要システムは二重化構成をとっており、システム障害が発生した場合も短時間でもう一方の待機系システムへ切り替えてサービスができる構成としています。
システム停止中は大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いします。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。