ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の金融犯罪にご注意の中のキャッシュカードやトークンを他人に渡さないでください

ここからページの本文です。

キャッシュカードやトークンを他人に渡さないでください

「謝礼を支払うので節税対策のために口座を貸して欲しい」などの儲け話でひきつけたり、言葉巧みに銀行の口座を開設させ、キャッシュカードやトークンを預かろうとしたりする業者にご用心ください。
キャッシュカードやトークンを他人に貸したり預けたり売ることは、違法であり、お客さまご自身にとっても大変危険です。これらの物品がもしも詐欺のために使われた場合、その被害者に対する賠償責任までもお客さまが負うことになります。

キャッシュカードやトークンを決して他人にお渡しにならないよう、また、下記の例のように口座を譲渡なさいませんよう、重ねてお願いいたします。

騙されて口座譲渡をしてしまう例

ケース1

「データ入力をする簡単なお仕事」「届いた郵便物を転送するだけのお仕事」等という求人募集に応じて参加してみると、自宅へ届く書類やカード類をすべてアルバイト先へ提出させられる。

ケース2

借り入れしようとした際、相手の業者から自分名義の銀行口座を開設し、渡すように指示される。また、「返済金を引き出すため」とキャッシュカードやトークンを取り上げられる。

ケース3

「企業の節税対策への協力」という求人に応募すると、「使っていない口座を短期間だけ貸して欲しい」と頼まれる。法人設立と銀行口座開設を指示され、キャッシュカードやトークンを提出させられる。

このような被害に遇われたお客さまは、カスタマーセンターへご連絡ください。

全国銀行協会「金融犯罪にご用心!」

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。