ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の金融犯罪にご注意の中のスキミング

ここからページの本文です。

スキミング

他人の口座情報を不正に読み取ることをスキミングといいます。キャッシュカードやクレジットカードの磁気部分に記録された情報を、専用の機械で読み取り、偽造カードを作成し悪用する犯罪です。
ジャパンネット銀行のキャッシュカードは、磁気記録情報に暗証番号は含まれておりません。
万一、偽造された場合にも、暗証番号を特定できなければ他人に預金を引き出される心配はありません。

被害を防止するためには
  • キャッシュカードは厳重に管理してください。
  • 暗証番号は他人に類推されにくい番号にし、定期的に変更してください。また、メモなどに残さないようご注意ください。
  • お客さまご自身で、パソコンや携帯電話よりキャッシュカードの取引停止の設定をしてください。

    普段はキャッシュカードを取引停止にしておき、ATM利用時のみ設定を解除すれば、より安心してご利用いただけます。

    ※取引停止解除にはトークンが必要です。

    ※預金引き出しには暗証番号が必要です。万一、不正にデータを読み取られた場合にも、暗証番号が特定できなければ、預金を引き出されることはありません。

  • ATMの出金限度額引き下げの設定をしてください。

    提携ATMでの1日あたりの出金限度額を、インターネットや携帯電話からお客さまご自身で変更することができます。普段はなるべく少額に設定しておき、必要なときに変更してご利用いただくことをおすすめします。

    ATM出金限度額変更

    ※ATMの出金限度額の変更にはトークンが必要です。

    ※キャッシュカードの取引停止機能を利用せず、出金限度額を0円に設定することで、キャッシュカードによる出金のみを制限することができます。

  • メール通知(my m@il)で、ATMの入出金チェックをお勧めいたします。

    ATMでのお取引などの情報をお取引の都度Eメールでお知らせいたします。
    パソコン・スマートフォン・携帯電話で受信することができますが、その場で確認できるスマートフォン・携帯電話での受信をおすすめします。

    メール通知サービス(my m@il)

  • 空き巣や車上盗難などの被害に遭われた場合は、お手元にキャッシュカードが残っていても、早急に預金残高を確認し、暗証番号変更をお願いいたします。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。