ページの先頭です。

ホームの中のセキュリティについての中の金融犯罪にご注意の中の当社などの金融機関を名乗る業者や、紛らわしい名称の業者

ここからページの本文です。

当社などの金融機関を名乗る業者や、紛らわしい名称の業者

当社と類似した名称などを使用する業者から、Eメールや電話、郵便などで下記事例のようなさまざまな要求をされることがあります。
当社はこのような業者とは一切関係ございません。また、ログインパスワードや暗証番号について当社社員がお客さまにお尋ねすることはありません。十分にご注意ください。

当社などの名前を騙る悪質な要求の事例

ログインパスワードや暗証番号を聞き出そうとします

ケース1カードの偽造防止対応を装って暗証番号を聞き出します
金融機関や銀行協会職員などを名乗り、「あなたのキャッシュカードが偽造されていて、対応をするのでお手持ちのカードを預からせてください。」と電話がかかってきます。その後、自宅を訪問してキャッシュカードを受け取り、暗証番号を聞き出そうとします。
ケース2カードの紛失・盗難に乗じて暗証番号を聞き出します
紛失・盗難に遭った財布に入っていたキャッシュカードやクレジットカードの金融機関職員を名乗り、カードの利用停止手続が必要だと説明して暗証番号を聞き出します。

振り込め詐欺

ケース1贈与を装って手数料の振り込みを促します
「JPネットbankより入金がございました。入金額:¥200,000,000。入金完了通知を以下の特別ページ案内よりご確認ください。」などという内容のメールで、無関係なサイトに誘導しようとします。サイトでは「入金を受け取るための手数料」を振り込むよう求められます。
ケース2キャッシュバックを装って不要な購入を促します
身に覚えのない情報商材関連業者から「情報商材を購入すると、ジャパンネット銀行からあなたの銀行口座に、毎月25,000円が入金されます。」という内容のメールが届きます。
ケース3未払金の代行収納を装うショートメールで不安をかき立てます
「メールを送信しましたが、返信が無い為小額訴訟へ手続きを変更させて頂きます。(株)JNB事務局 06-7166-97**」というショートメールが届きます。そこへ電話をかけると、利用料未払いのインターネットサイトに関する代行収納であると説明され、振り込みを求められます。

その他の一般的な事例については、振り込め詐欺をご覧ください。

個人情報の違法な収集・有害サイトへの誘導

ケース1貯まったポイントがもうすぐ無効になるといってメール返信させようとします
「ネットマイルポイントが満額お貯まりになりました」というメールが「ジャパンネットマイルの担当黒岩」と名乗る人物から届き、現金やギフト券へ交換可能と称して返信するよう求めてきます。
ケース2口座開設申込画面に偽装してメールアドレスを送信させようとします
「億万長者続々誕生」というメールが「ジャパンNet銀行」というところから届き、「6億円受け取り用口座開設はこちら」というリンクから当社と無関係なサイトへ誘導しメールアドレスを入力させようとします。
ケース3配信停止画面に偽装してメールアドレスを送信させようとします
「ジャパンネット銀行よりお振り込みとお伺いしております。配信停止はこちらまで。」などという内容のメールで、無関係なサイトに誘導しようとします。サイトではメールアドレスを入力するよう求められます。

ローンの悪質な勧誘

ケース1当社を騙った融資の勧誘
「ジャパンネットバンク株式会社」というところから、「このハガキが届いた方は、ご融資が可能な方です。」という内容のハガキが届きます。

当社と類似した名称等を用いている業者

今までお客さまからご連絡いただいたものとして下記のものがございます。
当社「ジャパンネット銀行」とは一切関係ございませんので、くれぐれもご注意ください。

「ジャパンネットマイル」「(株)JNB事務局」「Japan Net Bank Direct」
「ジャパンNet銀行」「JNB金融管理機関」「JPネットbank」「ジャパンネットバンク」
「ジャパンインターネット銀行(JIB)」「日本ネット銀行」「国際ネットバンク」
「ジャパンバンキング」「ネットバンクサービス」「ジャパニーズネットバンク」
「株式会社ジャパンネットキャッシング」「(株)ジャパンネット」
「ジャパン・ネットバンキング」「ジャパンネットカード」

振り込め詐欺資金返還ご相談窓口

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。