ページの先頭です。

ホームの中のJNB投資信託の中のJNB投資信託について NISA・つみたてNISA

ここからページの本文です。

JNB投資信託について

JNB投資信託ではNISA口座とつみたてNISA口座を取り扱っております。NISA口座とつみたてNISA口座はどちらか一方のみ開設でき、両方を開設することはできません。
口座の特徴をご確認いただき、ご自身の投資方針にあった口座をお選びください。

NISA

NISAとは

NISA(ニーサ)とは、2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」の愛称です。年間120万円までの投資から得られる収益が5年間非課税となります。

NISAとは

制度概要

対象者 NISA口座を開設する年の1月1日において20歳以上の、日本国内にお住まいの方
非課税対象

株式投資信託等の普通分配金や値上がり益

※当社では税法上の株式投資信託のみ取り扱っており、当社で取扱中の全ファンドが非課税対象です。

利用限度額(非課税枠)

毎年、新規投資額(手数料等を含みません)で合計120万円を上限
非課税投資総額は最大600万円(120万円×5年間)

※非課税枠の未使用分の翌年への繰り越しはできません。

※120万円を超える分は課税対象となります。

非課税期間

投資をした年から最長5年間

※5年経過後は、課税口座(特定口座または一般口座)に移り、その後の分配金や値上がり益は課税されますが、120万円を上限に翌年設定される非課税枠に移すこともできます。

口座開設数

原則1人1口座

※平成26年度税制改正により、2015年1月以降、年単位で金融機関の変更が可能となるため、NISA口座の廃止を伴わない金融機関の変更を行った場合は、複数金融機関のNISA口座が併存することとなります。

口座開設
(投資)可能期間
2014年から2023年までの10年間
損益通算 NISA口座で売却損が発生しても、課税口座(特定口座または一般口座)の分配金や値上がり益との損益通算はできません。
売却 いつでも売却できますが、売却部分の非課税枠の再利用はできません。また、値上がり益を非課税とするためには、原則として、購入した年の1月から起算して5年以内に売却する必要があります。

よくあるご質問

つみたてNISA

つみたてNISAとは

「つみたてNISA」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。
NISAと同様に、投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる口座ですが、積立購入のみが対象となる点や非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。

つみたてNISAとは

制度概要

対象者 NISA口座を開設する年の1月1日において20歳以上の、日本国内にお住まいの方
非課税対象 株式投資信託等の普通分配金や値上がり益
利用限度額(非課税枠)

毎年、新規投資額(手数料等を含みません)で合計40万円を上限

※非課税枠の未使用分の翌年への繰り越しはできません。

非課税期間

投資をした年から最長20年間

※NISA口座と異なり、ロールオーバーはできません。

口座開設数 原則1人1口座
口座開設
(投資)可能期間
2037年まで
損益通算 つみたてNISA口座で売却損が発生しても、課税口座(特定口座または一般口座)の分配金や値上がり益との損益通算はできません。
売却 いつでも売却できますが、売却部分の非課税枠の再利用はできません。また、値上がり益を非課税とするためには、原則として、購入した年の1月から起算して20年以内に売却する必要があります。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。