ページの先頭です。

ホームの中のJNB投資信託の中のはじめての投資信託の中の投資信託ってなに?

ここからページの本文です。

はじめての投資信託

投資信託ってなに?

投資信託は、たくさんのお客さまから集めた資金をひとつにまとめ、運用のプロが国内・海外の株式や債券などに分散投資して、得られた収益が還元される商品のことです。

投資信託の魅力

11万円から投資がはじめられる
株式や債券などに投資するには、ある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円程度から、JNB投資信託の投信積立なら月々1,000円からはじめられます。

2運用はプロにおまかせ
株式や債券などに関する幅広い情報を調べるのは時間や手間がかかります。
投資信託はお客さまの代わりに、経済・金融などの高度な知識を身に付けた資産運用のプロが分析をして投資先を選定し、運用してくれるためその手間が省けます。

3分散投資でリスクを軽減
投資の基本は、資産を分けてリスクを分散させることです。投資信託は、様々な国や地域、株や債券、不動産などの様々な資産に分散投資ができます。
分散投資することで、ひとつの投資先が失敗しても資産をゼロにしてしまう可能性が少なく、リスクを軽減することができます。

4個人では買えない投資対象にもチャレンジできる
投資信託なら、個人では直接購入が難しい新興国の株式や海外の不動産などへの投資も少額からチャレンジできます。

5定期的に分配金が受け取れる
日本では、年金の足しにする、毎月の生活費やお小遣いの一部に充当するといった目的で、毎月分配金を受け取れるタイプの「毎月分配型ファンド」が人気です。

※運用状況等によっては分配金が支払われない場合もあります。分配金について詳しくは「分配金の重要事項」をご確認ください。

お客さまからお預かりした投資資金は分別管理

お客さまの投資資金は、販売会社(ジャパンネット銀行等)を通じ、信託銀行に信託銀行自身の財産とは区分して管理(分別管理)されることで、資産の保全を図っています。

なぜ、投資が必要なのか

デフレ社会からインフレ社会へ大きな転換期を迎えつつある日本。
ファイナンシャルプランナーの深野先生に、「投資・資産運用とは何か」、「なぜ投資が必要なのか」「投資信託の魅力」などについて、投資初心者にもわかりやすく解説していただきました。

なぜ投資が必要なのか?
投資・資産運用とは何かを初心者にもわかりやすく解説しています。

投資信託ってそもそもなに?
しくみや魅力など投資信託のことがゼロからわかります。

投資に回してよいお金は?

ファイナンシャルプランナーの竹川先生に、「投資に回してよいお金」について、投資初心者にもわかりやすく解説していただきました。

投資をするときには「リスク許容度」を考えて投資に回してもよいお金を考えよう、というふうによく言われます。投資をすると価格が変動するので、投資したお金は増えたり、減ったりします。そこで、「これくらい下がったら怖い」と感じる金額の目安を知っておくと、一時的に価格が大きく下がった(資産が減った)ときにパニックにならずにすみます。

「自分が心理的・経済的に受け入れられる損失の上限」として、「1年間に貯蓄や投資に回せる金額(手取り収入から支出を引いた金額)」が1つの目安となります。
たとえば、A子さんが1年間に貯蓄や投資に回せる金額が100万円であれば、「許容できる最大損失額」も100万円が目安になります。というのも、仮に100万円の含み損を抱えたとしても、A子さんは新規のお金として年間100万円を貯蓄や投資に充てられるので、1年後の金融資産が極端に減ってしまうという事態は避けられるからです。

リスク許容度は、実際には年齢や資産や負債の額、投資経験や性格などによっても変わります。あくまでも「自分で『ぐっすり眠れる』金額を投資に回して、継続できる」というのが基本になります。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。