ページの先頭です。

ホームの中のFXの中のお取引に際して JNB-FX PLUSのリスク(詳細)

お取引に際して

JNB-FX PLUSのリスク(詳細)

店頭外国為替証拠金取引(FX)は、元本保証されたものではなく、また、為替変動・金利変動による損失を限定的にする機能(ロスカットルール)が用意されていますが、外貨に投資しているため、お客さまの予想に反して為替変動・金利変動が発生した場合、預入証拠金に対し、あるいは預入証拠金の額を超える損失を被る場合があります。
為替変動や金利変動など、マーケットの環境が変わることによって発生するリスク、お取引が困難になるリスクなど、店頭外国為替証拠金取引(FX)に伴うリスク、その他のリスクについて確認しましょう。
リスクについて理解、納得されたうえで口座開設の手続きを行っていただき、自己の判断と責任において取引を行うことが肝要となります。お客さまご自身が店頭外国為替証拠金取引を開始されることが適切であるかどうかについて十分ご検討いただきますようお願いいたします。
なお、下記のリスクは店頭外国為替証拠金取引の典型的なリスクを示したもので、すべてのリスクを示すものではありません。

為替変動リスク

外国為替市場では24時間常に為替レートが変動しています(土曜日・日曜日・一部の休日を除く)。
FXでは、予想とは反対方向に為替相場が変動した場合には、為替差損が発生し、預入証拠金に対し損失を被ることになります。また、預入証拠金以上に損失を被る場合もあります。
外国為替証拠金取引の相場が変動することにより損失が一定額を超えたときは、証拠金の追加差し入れが必要になります。
また、損失を限定させる注文(逆指値注文)の設定やロスカットルールを用意しておりますが、相場が急激に変動した場合等は、お客さまが指定されたレートやロスカット基準値よりも不利なレートで約定することがあります。

※当社における逆指値注文は、相場が急激に変動した場合等において、お客さまの指定したトリガーレートよりも不利なレートで約定することがあります。

※月曜日の午前7時10分のオープン(取引開始)レートで約定の条件を満たしている場合、指値注文、逆指値注文は、月曜日オープン約定ルールが適用されます。

レバレッジ効果によるリスク

店頭外国為替証拠金取引ではレバレッジ効果(てこの作用)により証拠金より大きな元本金額の店頭外国為替証拠金取引が可能となります。
このため、少額の証拠金によりわずかな為替レートの変動で大きな利益を得ることが可能ですが、反対に、証拠金を超える大きな損失を被る可能性があります。

信用リスク

店頭外国為替証拠金取引はお客さまと当社の相対取引(OTC=Over the counter取引)であり、組織化された取引所を経由する取引所取引ではありません。
このため、当社やカバー先の信用状況等が悪化することにより、お客さまの証拠金の一部、または全部が返還されない可能性があります。
当社はお客さまの注文について、株式会社三井住友銀行、ゴールドマン・サックス証券株式会社へカバー取引を行っております。カバー先の信用状況等が悪化することにより、FX取引は中止され、ポジションが決済できないなど、お客さまの取引に損失が発生する場合や他のリスクが重なることにより預入証拠金を超える損失が発生する場合があります。
当社または証拠金の預託先(株式会社三井住友銀行)の信用状況等が悪化することにより、お客さまからお預かりした証拠金の一部または全額が返還されない場合や、他のリスクと重なることにより証拠金以上の損失が発生する可能性があります。また、元金1,000万円までを保証する預金保険制度の対象にもなりません。

金利変動リスク

店頭外国為替証拠金取引は、通貨の交換を行うのと同時に金利の交換も行なわれ、日々スワップポイントの受け払いが発生します。
スワップポイントの受け払いは、各国の景気や政策など様々な要因による金融情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。そのため、その時々の金利水準によってスワップポイントの受け払いの金額が変動したり、場合によっては受け払いの方向が逆転するリスクがあります。
このため、お客さまが建玉を決済するまでスワップポイントの受け払いが発生し、追加の証拠金の預け入れが必要になる場合やロスカットされることもあります。

流動性リスク

マーケットの状況によっては、お客さまが保有する建玉を決済することや新たに建玉を保有することが困難となることがあります。
外国為替市場には値幅制限がなく、特別な通貨管理が行われていない日本円を含む主要国通貨の場合、通常高い流動性を示しています。しかし、主要国での祝日や、ニューヨーククローズ間際・週始のオープンにおける取引、あるいは普段から流動性の低い通貨での取引は、当社の通常の営業時間帯であってもマーケットの状況によっては、レートの提示が困難になる場合もあります。
また、天変地変、戦争、政変、為替管理政策の変更、同盟罷業等の特殊な状況下で特定の通貨の取引が困難または不可能となる可能性があります。

システムリスク

インターネット環境を利用した電子取引システムにおいて店頭外国為替証拠金取引を行う場合、注文の受け付けに人手を介さないため、お客さまが売買注文の入力を誤った場合、意図した注文が約定しない、あるいは意図しない注文が約定する可能性があります。
また、当社またはお客さまの通信機器、通信回線、システム機器等の故障・障害等により、一時的または一定期間にわたって取引ができない可能性、あるいはお客さまの注文が遅延する可能性があります。
電子取引システムにおいて電子認証に用いられるユーザーネーム・パスワード等の情報が、窃盗・盗難により洩れた場合、その情報を第三者が悪用することでお客さまに何らかの損失が発生する可能性があります。
さらに、システム障害が生じ、それが当社の責に帰する場合も帰さない場合も、相対取引がゆえに障害時の妥当な価格の確定ができないことから、それによるお客さまの得るべきであった利益または発生した損失については、当社は一切その責めを負わないものとします。

税務リスク

税制がかわることで、お客さまの税金を支払う負担が増える場合があります。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。