ページの先頭です。

ホームの中のFXの中の特集の中の利益確定と損失確定が半々でも資産を減らさない指値・逆指値活用法

ここからページの本文です。

特集 利益確定と損失確定が半々でも資産を減らさない指値・逆指値活用法

JNB-FX PLUS 利益確定と損失確定が半々でも“資産を減らさない” 指値・逆指値活用法

そもそも指値ってなんだろう?

指値とは買いたいレート、売りたいレートを指定して発注する注文方法です。
レートの動きを常に確認することができないお客さまにも便利な注文で、急な為替変動にもチャンスを逃しません。

指値には、指値注文と逆指値注文があります。

指値注文
指値注文は、今よりも「低いレートで買いたい」「高いレートで売りたい」という時に利用する注文方法です。「現在よりも有利なレートで取引をしたい」ということがポイントです。
  • 今は1ドル100円だけど、レートが99円になったら買いたい

    1ドル=99円で指値注文
  • 今は1ドル99円だけど、レートが100円になったら売りたい

    1ドル=100円で指値注文
逆指値注文
逆指値注文とは、指値注文とは逆に現在よりも不利なレートを指定して発注する注文方法です。
  • 相場が下がった場合でも、98円で売って損を抑えられるようにしたい

    1ドル=100円で新規買い建玉 1ドル=98円で逆指値注文
  • 相場が下がった場合でも、99円で売って利益を確保したい

    1ドル=98円で新規買い建玉 1ドル=99円で逆指値注文
  • 今は98円だけど、これから上昇トレンドになりそう……
    これから相場が動いて100円になったら買って、トレンドに乗りたい

    1ドル=100円で逆指値注文

指値・逆指値を同時注文できる決済OCO注文が便利

決済でのOCO注文は、指値・逆指値を同時に発注し、1つが約定するともう1つが自動的に取り消される注文方法です。また、新規ストリーミング注文時に、利益確定値幅と損失確定値幅の両方を設定することで、決済OCO注文が出せます。

OCO注文

OCO注文は設定値幅が重要

OCO注文の上手な活用方法は適切な値幅を設定することです。

高いところを狙い過ぎて失敗した例
大きな利益を狙って指値注文を高くし過ぎると、利益確定まで届かず反転して損失確定の注文が多くなってしまう可能性があります。
1ドル=100円で新規買い建玉 利益確定まで届かず反転 1ドル=98円で損失確定の逆指値注文
損切り幅を小さくし過ぎて失敗した例
損失確定幅を小さくし過ぎると、逆指値注文ばかりが約定してしまい、利益を得られるチャンスを逃してしまうかもしれません。
1ドル=100円で新規買い建玉 1ドル=99.90円で損失確定の逆指値注文 損失確定した後に上昇トレンドになり利益を逃す

資産を減らさない値幅の決め方 リスクリワードレシオとは!?

利益確定注文と損失確定注文を設定する時の目安として活用できるのが「リスクリワードレシオ」です。
リスクリワードレシオとは、「利益確定値幅÷損失確定値幅」で求められ、損失を小さく利益を大きくすれば、利益確定と損失確定の決済注文が同じ回数でも資産を減らさないという手法です。

USD/JPY=100円を10,000通貨買い、99.50円になったら損切りしようと考えた時
1ドル=100円×10,000通貨で新規買い建玉 1ドル=100.75円で利益確定の指値注文(7,500円の利益) 1ドル=99.50円で損失確定の逆指値注文(5,000円の損失)

例)リスクリワードレシオ1.5(損失:利益=1:1.5)として指値・逆指値の売り注文を入れる。

指値:100.75円(7,500円の利益)
逆指値:99.50円(5,000円の損失)

100回の取引で指値・逆指値にヒットした回数が半々の場合

7,500円の利益×50回=375,000円
5,000円の損失×50回=250,000円
利益−損失=125,000円

125,000円の利益が出ることになります。

リスクリワードレシオは高ければいいというものではございません。
逆指値注文に比べ、指値注文の比率を大きくした場合には、利益確定ができず損失確定ばかりが約定してしまう可能性があるので注意が必要です。

FX口座をお持ちでない方

FX口座開設

普通預金口座をお持ちでないお客さまは、最初に普通預金口座開設をお願いいたします。

ご注意ください
本情報は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。
上記為替相場に対する予想は弊社の公式見解ではございません。
最終的な投資方針や投資を行う時期等につきましては、ご自身で判断されますようお願いいたします。
本情報による利用者の皆さまに生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
本情報における情報の内容を第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。
このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。