ページの先頭です。

ホームの中のFXの中のFXのキホン FXってなに?

ここからページの本文です。

FXのキホン

FXってなに?

FX(外国為替証拠金取引)は、外国為替の取引、つまり、ドルやユーロなどの通貨を売買(交換)することで差益が発生する仕組みの金融商品のことをいいます。

通貨の売買とは?

例えば、アメリカに旅行して買い物をする場合、手持ちの円を米ドルに両替する必要があります。この両替も「通貨の売買」です。

旅行でアメリカへ
1ドル=100円の時に、米ドルに交換

日本へ帰国
1ドル=105円の時に、日本円に交換

5円の利益が発生
為替相場は常に変動しているので、通貨の売買によって差益が生じます。
このような差益を目的とする取引を行うのがFXです。

あなたは知ってる? 通貨の特徴

円高・円安とは?

ニュースなどで耳にする円高・円安。
1ドルが100円から90円になったら円高、110円になったら円安と表現されます。円の金額が小さくなるのになぜ円高なの?と思うかもしれません。
ここで注目してほしいのは円とドルの「価値」の関係です。ドルに対して円の価値が上がることを円高、価値が下がることを円安といいます。

例えば、 30,000ドルの車を買うとします。 1ドル100円の時は300万円必要です。

円高で1ドル90円になった場合 車を買うのに必要なお金は90(円)×30,000(ドル)=270万円になり 円安で1ドル110円になった場合 車を買うのに必要なお金は110(円)×30,000(ドル)=330万円になります。

このように為替相場が動いた時、同じ30,000ドルの車を買うのに支払う円の金額が変わります。

270万円で買う時は、支払う円が少なくなったので、ドルに対して円の価値が上がったことになります。これを円高といいます。

反対に330万円で買う時は、支払う円が多くなったので、ドルに対して円の価値が下がったことになります。これを円安といいます。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。