ページの先頭です。

ホームの中の外貨預金の中のなるほど資産運用の中の第1話 「外貨預金は取り組みやすい!」

ここからページの本文です。

なるほど資産運用

ダ・ヴィンチニュース×ジャパンネット銀行

資産運用なんてしたことのない私が外貨預金を始めた理由。田中よーちん

第1話 「外貨預金は取り組みやすい!」

外貨預金は取り組みやすい!

いま、自分の持っているお金だけで安心! と言える人はどれくらいいるでしょう?
いずれくる老後を考えたとき、不安を感じない人は少ないはず。

アラフォー婚活に成功した田中よーちんさんと同様に、家族が出来たところで、次に必要なアクションはお金=資産運用と気づく人は多いでしょう。

でも株式投資やFX、不動産投資などは「名前は聞くけど、むずかしそう、大きな損をしそう」と感じていませんか。そしてなんとなく、近所の銀行に預金だけはしている……。

しかし現在の日本の円預金の利息は、1年定期で0.025%程度と非常に低く、預金だけではお金はほとんど増えません。

そこでよーちんさんが見つけてきたのが「外貨預金」。「投資」の利幅と、「預金」の安定性を備えた、資産運用の初心者にも取り組みやすい仕組みです。(※元本割れの可能性はあります。外貨預金をはじめる際には外貨預金の重要事項やホームページをよく確認し、商品の仕組みやリスクをしっかり理解しましょう。)

円預金より高い金利

外貨預金とは、米ドルなど外国の通貨で預け入れる「預金」のこと。
基本的なしくみは、通常の銀行の円預金と一緒。預け入れている期間、利息がつきます。
外貨預金の金利は(通貨によって異なりますが)円預金より高い傾向にあります。

続きを見る

為替レートの変動でも利益

そして円預金と異なる点は、預け入れる際に、日本円で外貨通貨を購入すること。この時に利用するのが為替レートです。

日々のニュースでよく耳にする「現在の外国為替相場は、1ドル110円10銭から20銭の間で取引されています。」といった表現。この「1ドル110円10銭から20銭」が為替レートを指しています。

為替レートは24時間、常に動いており、預入時のレートよりも払戻時レートが円安(高いレート)になれば利益が得られ、円高(低いレート)になれば損失が発生します。身近で言い換えると、安く買ったワンピースを買った価格(レート)以上の高い価格(レート)で売ると利益がでますよね。同じことです。

このような為替レートの動きによって、さらに利益を増やすことを狙えるのが「外貨預金」です。

預けている外貨を払い戻す時に、損や利益が確定します

預金している外貨を払い戻す時に、元本と金利利息をあわせた外貨を円に戻します。この時に、為替レートが不利な方向だった場合には損失が発生し、有利な方向だった場合には利益が発生します。
外貨を日本円に戻さなければ「損」や「利益」は確定しません。
有利な方向に揺れ戻すまで外貨のまま持ち続けるなど、長期的・安定的な運用も可能です。

数百円から始められる

資産運用というと、大きな元手が必要と誤解していませんか?
外貨普通預金口座は1通貨からの少額から取引できます。たとえば、米ドルが1ドル100円の場合、100円から預入が可能。無理のない範囲からチャレンジできるのです。

資産運用を応援。
ジャパンネット銀行の外貨預金口座開設はこちらから

(外貨預金をご利用いただくには、ジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。)

普通預金口座を
お持ちの方

※ログイン後、直接外貨預金口座開設へ進みます。

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。