ページの先頭です。

不正送金被害に遭わないために

様々な手口で預金を不正に出金しようとする事例が報告されています。

事例1コンピューターウイルスにより不正な画面を表示させる

ワンタイムパスワード

操作中に突然ワンタイムパスワードの入力画面が表示されることはありません。絶対に入力しないでください!

事例2電話やメールで口座情報を聞かれる

当社社員や金融機関職員が、お客さまに電話やメールで口座情報、ログインパスワード、暗証番号、ワンタイムパスワードについて、お尋ねすることはありません!

もし、ワンタイムパスワードを入力してしまったら… 電話やメールで口座情報を教えてしまったら…

被害がないか確認
普通預金取引明細を確認し、不審な出金がないか確認してください。

不正送金犯罪手口の特徴 コンピューターウイルスの場合

特徴1 気づきにくい
お客さまが知らないうちに、パソコン等をウイルスに感染させます。不審なメールの添付ファイルやリンクを開くことでウイルスに感染することもあります。
不審なメールサンプル

特徴2 セキュリティソフトのダウンロードやワンタイムパスワードの入力を求められる
セキュリティソフトのダウンロードやワンタイムパスワードの入力を求められる画面が表示されます。

特徴3 メンテナンス中など操作を妨げるメッセージを表示し、不正に出金
「メンテナンス中」「取引できません」「ダウンロード中」などのメッセージが表示され、この間に預金が出金されてしまいます。

入力した情報を不正使用し、出金されてしまいます!

このような事象にお心当たりのあるお客さまは、至急当社までご連絡ください。

被害に遭わないために対策をお願いします

ウイルス対策ソフトを導入する
セキュリティソフトを導入し、常にアップデートしましょう。
また、ご利用のOS、ブラウザ、Flashなどのソフトウェアも常に最新の状態を維持しましょう。
振込限度額は低めに設定する
振り込みをご使用にならない時は、振込限度額を0円または最小限に引き下げておくと、被害に遭いにくくなります。
振込限度額はご自身でご変更いただけます。

振込限度額の変更方法

メール通知を受信する(無料)
口座から不正出金があった場合にすぐに気づけるよう、携帯電話のアドレスを登録されることをおすすめします。
身に覚えのない出金があったら、すぐに当社にご連絡ください。

メール通知サービス(my m@il)

認証パネルアプリを利用する(無料)
スマートフォンの認証パネルアプリを活用して安心をプラス。
振込出金にはお客さまが登録したスマートフォンが必要になるため、不正出金対策としても有効です。

認証パネルアプリ

お客さまのパソコンについて当社がウィルス感染を検知した場合、当社からお電話で状況を確認させていただくことがございます。

ただし、いかなる場合でもログインパスワードや暗証番号等を当社社員がお聞きすることはありません。

このページの先頭へもどる

Copyright The Japan Net Bank, Limited. All Rights Reserved.
登録金融機関登録票 登録金融機関業務 登録番号 関東財務局長(登金)第624号 登録日 2007年9月30日
株式会社ジャパンネット銀行 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会加入