ページの先頭です。

ホームの中の会社案内の中のニュースリリース(2013年)の中のカードローン利用に関する実態・意識調査を実施

カードローン利用に関する実態・意識調査を実施PDFはこちら(150KB)

2013年2月25日

各  位

株式会社ジャパンネット銀行

普及するカードローン、高年収世帯でも3割が定期利用 目的は娯楽・交際費48.3%、生活費42.2%/平均借入額は10万円未満が6割超

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2013年1月28日(月曜日)〜1月30日(水曜日)、ジャパンネット銀行に口座を持つ全国20代〜60代男女のお客さまを対象としてカードローン利用に関するアンケート調査を実施し、3,142名の方にご協力をいただきました。

調査結果トピックス カードローン利用経験者の28.0%が定期的に利用。世帯年収1,000万円以上でも、3割が定期利用。目的は娯楽・交際費48.3%、生活費42.2%。足りない生活費? 世帯年収1,000万円以上でも、6割以上が10万円未満と、日常的に小額を頻繁に利用。重視するポイントは、金利59.6%、安心度34.8%、返済の自由度33.8%。インターネットでの情報収集が増加! 5人に1人が、情報サイトや口コミを活用。

長引く不況の中、経済的に不安を抱える方が多くなる一方で、カードローン利用者は増加傾向にあります。金融各社ともにサービス向上へ力を入れ、最近では多様な商品が市場に投入され、お客さまご自身の必要性に応じて選択できる幅が広がってきています。 特に、新生活が始まるこれからの季節は、教育費や慶弔費、生活費などまとまった金額が必要になる機会も多く、カードローンの需要も高まる時期です。

今回の調査は、今後のカードローンの利用増加を見据え、その利用実態と意識について把握すべく実施いたしました。中でも、世帯年収によって利用状況や目的がどう変化するのかという点に着目し、調査を行った結果、高世帯年収の方も、定期的にカードローンを利用している実態がわかりました。
主な調査結果をご紹介いたします。

ジャパンネット銀行ではお客さまにより利便性の高いサービスをお届けできるよう、2012年12月より、個人向け無担保ローン商品「ネットキャッシング」の利用限度額を、銀行最高水準の1,000万円まで引き上げ、最低適用金利を銀行で最も低い水準の2.5%に設定しました。それに伴い今回は、利用限度額や金利に対する意識についても調査しております。


カードローン利用経験者の28.0%が定期的に利用。世帯年収1,000万円以上では、3割が定期利用。

カードローンの利用状況を尋ねると、利用経験のある方のうち28.0%の方が定期的に利用していると回答しました。一方、世帯年収別に見ると、800万円以上1,000万円未満の方は32.0%、1,000万円以上の方は30.0%が定期的に利用しており、高年収世帯へもカードローンが普及してきていることが見て取れました。

カードローンを定期的に利用している/有効回答数2,251名(単回答)

全体28.0% 世帯年収別 世帯年収400万円未満23.0% 世帯年収400万円以上600万円未満28.1% 世帯年収600万円以上800万円未満31.0% 世帯年収800万円以上1,000万円未満32.0% 世帯年収1,000円以上30.0%

利用目的、1位が娯楽・交際費、2位は生活費。一方で、世帯年収1,000万円以上では約8人に1人は投資資金と回答し、資産形成目的も。

カードローンの利用目的を質問すると、娯楽・交際費48.3%、生活費42.2%、車関連費18.2%でした。多くの方が生活費や交際費のために利用しており、カードローンが日常の中に浸透してきていることがわかります。
また、世帯年収別に利用目的を見てみると、世帯年収が1,000万円以上でも、約4人に1人(23.2%)が生活費を目的にカードローンを利用しており、増税や物価上昇が見込まれるなか、高年収世帯の家計も決して安泰ではないようです。一方で、投資資金(12.0%)という回答も多く、資産形成のための利用も多いことがうかがえます。

カードローンの利用目的/有効回答数2,241名(複数回答)

全体 娯楽・交際費48.3% 生活費(食費・家賃支払)42.2% 車関連費(購入・車検メンテナンス)18.2% 旅行費用12.7% トラブル対応費(事故・入院)12.6% 他の金融機関への支払い10.6% 教育費(学校・塾)10.0% 慶弔費(冠婚葬祭)7.7% 投資資金6.3%
世帯年収400万円未満 娯楽・交際費41.4% 生活費(食費・家賃支払)56.0% 車関連費(購入・車検メンテナンス)19.5% 旅行費用10.4% トラブル対応費(事故・入院)12.1% 他の金融機関への支払い10.3% 教育費(学校・塾)9.0% 慶弔費(冠婚葬祭)9.1% 投資資金3.6%
世帯年収400万円以上600万円未満 娯楽・交際費46.4% 生活費(食費・家賃支払)44.6% 車関連費(購入・車検メンテナンス)17.5% 旅行費用13.7% トラブル対応費(事故・入院)15.0% 他の金融機関への支払い11.7% 教育費(学校・塾)9.4% 慶弔費(冠婚葬祭)6.8% 投資資金6.7%
世帯年収600万円以上800万円未満 娯楽・交際費54.9% 生活費(食費・家賃支払)37.0% 車関連費(購入・車検メンテナンス)20.2% 旅行費用11.9% トラブル対応費(事故・入院)9.3% 他の金融機関への支払い9.6% 教育費(学校・塾)11.1% 慶弔費(冠婚葬祭)8.0% 投資資金6.0%
世帯年収800万円以上1,000万円未満 娯楽・交際費54.3% 生活費(食費・家賃支払)32.5% 車関連費(購入・車検メンテナンス)18.9% 旅行費用12.5% トラブル対応費(事故・入院)11.8% 他の金融機関への支払い12.9% 教育費(学校・塾)11.8% 慶弔費(冠婚葬祭)6.8% 投資資金6.8%
世帯年収1,000万円以上 娯楽・交際費53.6% 生活費(食費・家賃支払)23.2% 車関連費(購入・車検メンテナンス)13.0% 旅行費用16.3% トラブル対応費(事故・入院)14.1% 他の金融機関への支払い8.7% 教育費(学校・塾)10.5% 慶弔費(冠婚葬祭)6.2% 投資資金12.0%

カードローン平均借入額は、6割以上が10万円未満。日常的な利用を反映し、小額の借り入れが中心。

カードローンの平均借入額を聞いたところ、1万円未満4.9%、1万円以上10万円未満57.7%と、6割以上の方の平均借入額が10万円未満であることがわかりました。日常に浸透し生活費を中心として使われているカードローンだからこそ、比較的小額の借り入れが中心となっているようです。 高年収世帯でも同様の傾向が見られ、800万円以上1,000万円未満では60.4%、1,000万円以上では54.4%でした。

カードローン平均借入額/有効回答数2,168名(単回答)

全体 1万円未満4.9% 1万円以上10万円未満57.7% 10万円以上50万円未満26.4% 50万円以上100万円未満7.7% 100万円以上300万円未満2.6% 300万円以上0.7%
世帯年収400万円未満 1万円未満5.9% 1万円以上10万円未満58.6% 10万円以上50万円未満28.1% 50万円以上100万円未満4.7% 100万円以上300万円未満2.2% 300万円以上0.5%
世帯年収400万円以上600万円未満 1万円未満5.7% 1万円以上10万円未満58.1% 10万円以上50万円未満26.9% 50万円以上100万円未満7.0% 100万円以上300万円未満1.9% 300万円以上0.5%
世帯年収600万円以上800万円未満 1万円未満4.5% 1万円以上10万円未満59.7% 10万円以上50万円未満25.1% 50万円以上100万円未満8.3% 100万円以上300万円未満2.1% 300万円以上0.3%
世帯年収800万円以上1,000万円未満 1万円未満4.4% 1万円以上10万円未満56.0% 10万円以上50万円未満26.4% 50万円以上100万円未満9.5% 100万円以上300万円未満2.6% 300万円以上1.1%
世帯年収1,000万円以上 1万円未満2.2% 1万円以上10万円未満52.2% 10万円以上50万円未満25.0% 50万円以上100万円未満13.4% 100万円以上300万円未満6.0% 300万円以上1.1%

日常使うからこそ、利用理由は、利用限度額内なら何度でも借り入れできる59.6%、対応スピードが速い43.1%、申込手続が簡単30.6%。

利用理由を尋ねると、「利用限度額内であれば、必要な額を何度でも借り入れできるから」59.6%、「対応スピードが速いから」43.1%、「申込手続が簡単だから」30.6%でした。日常的なことに対して使う方が多いからこそ、手軽に利用できる利便性が評価されているようです。

カードローンの利用理由/有効回答数2,230名(複数回答)

利用限度額内であれば、必要な額を何度でも借り入れできるから59.6% 対応スピードが速いから43.1% 申込手続き簡単だから30.6%何度も借り入れをしていて慣れているから23.3% 短期間なら金利がつかず返済ができるから12.0% 金利が低いから10.0%利用限度額が高いから6.9% その他6.7%

重視するポイントは、1位金利、2位安心感、3位返済の自由度。

カードローンを利用するときに重視するポイントについて質問すると、金利59.6%、安心感34.8%、 返済の自由度33.8%の3項目が上位にあがり、金利を重視する方が非常に多い結果となりました。

カードローンを利用する際、重視する点/有効回答数1,767名(複数回答)

金利59.6% 安心感34.8% 返済の自由度(金額や期間など)33.8% 利用限度額30.3%手続きの手軽さ30.0% 入金までの早さ22.8% 無利息サービスがあること11.2% 非対面で手続きできること 9.7%使い慣れていること8.1% 知名度7.8% ポイントがつくこと3.9% 窓口で対面して手続きができること0.4% その他3.1%

利用限度額ごとに利用してもよいと思う金利については、多くの方が利用限度額に関わらず、2.5%未満の金利を希望しており、利用限度額が大きくなるほどその比率が高いことがわかりました。

利用限度額ごとに利用してもよいと思う金利/有効回答数2,238名(単回答)

100万円未満 2.5%未満は29.9% 2.5%以上4.0%未満は6.9% 4.0%以上6.0%未満は12.4% 6.0%以上8.0%未満は10.8% 8.0%以上10.0%未満は18.4% 10.0%以上12.0%未満は10.2% 12.0%以上15.0%未満は6.9% 15.0%以上18.0%未満は3.9% 18.0%以上は0.8%
100万円以上200万円未満 2.5%未満は29.8% 2.5%以上4.0%未満は12.7% 4.0%以上6.0%未満は16.4% 6.0%以上8.0%未満は17.0% 8.0%以上10.0%未満は13.8% 10.0%以上12.0%未満は5.9% 12.0%以上15.0%未満は3.5% 15.0%以上18.0%未満は0.5% 18.0%以上は0.3%
200万円以上300万円未満 2.5%未満は33.4% 2.5%以上4.0%未満は16.7% 4.0%以上6.0%未満は21.1% 6.0%以上8.0%未満は14.4% 8.0%以上10.0%未満は9.3% 10.0%以上12.0%未満は3.3% 12.0%以上15.0%未満は1.1% 15.0%以上18.0%未満は0.3% 18.0%以上は0.3%
300万円以上400万円未満 2.5%未満は39.4% 2.5%以上4.0%未満は21.8% 4.0%以上6.0%未満は19.3% 6.0%以上8.0%未満は11.2% 8.0%以上10.0%未満は5.4% 10.0%以上12.0%未満は1.5% 12.0%以上15.0%未満は0.7% 15.0%以上18.0%未満は0.4% 18.0%以上は0.4%
400万円以上500万円未満 2.5%未満は48.5% 2.5%以上4.0%未満は20.8% 4.0%以上6.0%未満は16.8% 6.0%以上8.0%未満は8.1% 8.0%以上10.0%未満は3.1% 10.0%以上12.0%未満は1.1% 12.0%以上15.0%未満は0.8% 15.0%以上18.0%未満は0.5% 18.0%以上は0.4%
500万円以上800万円未満 2.5%未満は59.8% 2.5%以上4.0%未満は17.0% 4.0%以上6.0%未満は13.8% 6.0%以上8.0%未満は4.0% 8.0%以上10.0%未満は2.2% 10.0%以上12.0%未満は1.2% 12.0%以上15.0%未満は0.9% 15.0%以上18.0%未満は0.5% 18.0%以上は0.6%
800万円以上1,000万円未満 2.5%未満は66.4% 2.5%以上4.0%未満は16.5% 4.0%以上6.0%未満は8.3% 6.0%以上8.0%未満は3.0% 8.0%以上10.0%未満は2.4% 10.0%以上12.0%未満は0.7% 12.0%以上15.0%未満は1.4% 15.0%以上18.0%未満は0.7% 18.0%以上は0.6%
1,000万円以上 2.5%未満は75.2% 2.5%以上4.0%未満は9.6% 4.0%以上6.0%未満は6.5% 6.0%以上8.0%未満は2.4% 8.0%以上10.0%未満は2.3% 10.0%以上12.0%未満は0.9% 12.0%以上15.0%未満は0.7% 15.0%以上18.0%未満は1.0% 18.0%以上は1.3%

カードローンに関する情報、5人に1人がインターネットの口コミからも入手。

商品の特性や金利などカードローンに関する情報の入手方法を尋ねると、各社オフィシャルサイト79.0%、各社オフィシャルサイト以外の情報サイト25.6%のほか、Twitter、Q&Aサイトなどインターネット上の口コミも20.9%の方が利用していることがわかりました。
インターネット上の情報が、利用決定の際に大きな比重を占めているようです。

カードローンの情報入手方法/有効回答数1,769名(複数回答)

各社オフィシャルサイト79.0% 各社オフィシャルサイト以外の情報サイト(マネー情報、比較サイトなど) インターネット上の口コミ(Twitter、Q&Aサイト、掲示板など)20.9%パンフレット10.3% 各サービス会社のお問い合わせ窓口9.8% 新聞や雑誌6.4%家族・友人・知人など3.3% その他8.1%

8割以上が、今後利用したいのは銀行系ローンと回答。

今後利用したいローンについて質問したところ、81.9%の方が銀行系ローンとの回答でした。

今後利用したいローン/有効回答数3,142名(複数回答)

銀行(ネット銀行含む)のローン81.9% クレジットカードのローン26.5% 消費者金融のローン4.2% その他13.1%

生活費や交際費など、日常的に使われているカードローン。利便性とともに“金利”や“安心感”を重視するお客さまは、銀行系ローンに注目。

長引く経済不況の中、高年収世帯でも、定期的にカードローンを利用している実態が今回の調査から見て取れました。利用目的は、生活費や交際費など日常生活での用途が中心の一方、高年収世帯では資産形成への利用も目立つなど、幅広い用途でカードローンを利用されているようです。先の見えない日本経済にあって、日々の生活を送る上で、また資産形成をしていく上で、手軽に利用できるカードローンの需要は、今後ますます高まってくると予想されます。

そういった状況において、お客さまが特にカードローンへ求めるものは、“金利”と“安心感”であるようです。中でも金利は約6割のお客さまが重視し、多くの方が限度額に関わらず2.5%未満を希望していました。
ジャパンネット銀行でも、昨年12月に個人向け無担保ローン商品「ネットキャッシング」の最低適用金利を、銀行で最も低い水準の2.5%に設定いたしました。今後も、さらなる需要増加に伴い、お客さまのニーズにこたえる金利の検討に努めていきます。

また、調査では、今後利用したいのは銀行系ローンと多くのお客さまが回答されています。この点においても、お客さまにより安心してお使いいただけるよう、サービスの向上を目指してまいります。


調査概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:ジャパンネット銀行に口座を持つ20〜60代の全国の男女
  • 調査期間:2013年1月28日(月曜日)〜1月30日(水曜日)
  • 回答者数:3,142名

【お客さまからのお問い合わせ先】 カスタマーセンター


ここからサイトのフッターメニューです。