ページの先頭です。

ビジネスでのご利用の中の決済サービスの中のワンタイム口座

ここからページの本文です。

ワンタイム口座

銀行振込の入金管理業務において、ワンタイム口座を利用すれば、より早い入金の確認および同姓同名の振込人が特定できるので、サービスレベルの向上、業務効率化に役立ちます。

サービスフロー

1 ジャパンネット銀行 お申込後、100口座単位でワンタイム口座を貸し出し。

2 お客さま 振込人(請求先)に対し、ワンタイム口座を割り当てて、ご請求。

3 ジャパンネット銀行 振込人(請求先)より、ワンタイム口座へ振り込み。 お客さま指定のURL(サーバー)にWEB入金通知(入金通知電文)を送信 入金された資金をお客さまの口座(収納口座)へ振り替え

4 お客さま WEB入金通知(入金通知電文)に含まれている「ワンタイム口座」情報をキーに入金消しこみ。

ワンタイム口座のメリット

メリット1入金確認の時間を短縮
ワンタイム口座に入金があった際、ジャパンネット銀行はお客さまに対し、内容をWEB入金通知いたします。
入金確認までの時間を短縮できるので、商品の発送等他の業務の時間短縮にもつながります。
メリット2入金消込のための事務コストを軽減
同姓同名や家族名義など第三者による振り込み、企業略称や屋号のついた振り込みなど、判別しづらい振込入金の場合でも振込人(請求先)に割り当てたワンタイム口座番号(振込専用口座)により、早期に確実な入金消込が可能となります。また、未入金額の把握や再請求も迅速に行えます。
メリット3誤入金による返金作業の負担を軽減
オプション機能の「ワンタイム機能」や「入金の有効期限管理」、「チェックデジット機能」を利用することで、間違った振り込みを防げるため、お客さまの返金作業の負担を軽減することができます。
メリット4振込操作時の負担を軽減
銀行振込の際に入力する「請求番号」の入力が不要になるため、振込人の負担を軽減することができます。

ワンタイム口座の機能

WEB入金通知
ワンタイム口座(振込専用口座)に入金の都度、ジャパンネット銀行よりお客さま指定のURLに入金通知を行います。入金通知電文には、ワンタイム口座番号や入金時刻(○○○○○○秒)が含まれています。
ワンタイム機能
(オプション機能)
二重入金を制御する機能です。一度入金があった場合、その後の入金を受け付けません。(本機能を利用しない設定も可能)
入金の有効期限管理
(オプション機能)
振込専用口座に対し入金期限の設定が可能です。

(例)2013年9月30日まで振込入金可能(10月1日以降の入金は受け付けない)

チェックデジット
(オプション機能)
振込専用口座の口座番号は、連番と連番でないチェックデジット口座が利用可能です。
チェックデジット口座をご利用いただくと誤入金の防止に役立ちます。

お問い合わせ先

このページの先頭へもどる

ここからサイトのフッターメニューです。