ページの先頭です。

ジャパンネット銀行

ビジネスアカウント口座開設のよくあるご質問

事業経営の実質的支配者には誰を登録すればいいのですか。

事業経営の実質的支配者とは、法人の事業経営を実質的に支配することが可能な方のことをいいます。

事業経営の実質的支配者とは」に記載のチャートをご覧いただき、お客さまの法人に該当する方をご確認ください。

ご注意
口座名義人が「上場企業、国等の機関(国・地方公共団体、独立行政法人)、人格なき社団・財団(各種団体等)(※)」以外のお客さまは、実質的支配者の登録が必要です。

※一般社団法人、一般財団法人、NPO法人等、法人格があり、登記されている法人は人格なき社団・財団等には該当しません。

特定法人・特定組合員に該当するか、どうすればわかりますか。

特定法人・特定組合員に該当するかどうかは、以下をご確認ください。記載のチャートに従って進みますと特定法人、特定組合員に該当するかわかります。

特定法人および特定組合員について(167KB)

特定法人とは
上場法人・国の機関・金融機関以外で、かつ投資関連所得(利息・配当・賃料等)が総所得・総資産の50%以上の法人等が該当します。
特定組合員とは
組合形態(○○組合)での口座開設を希望のお客さまのうち、「民法上の組合」、「匿名組合」、「投資事業有限責任組合」、「有限責任事業組合」のいずれかの組合契約を締結している場合が該当します。

口座開設時に法人番号確認書類は必要ですか。

お申し込みの法人が特定法人に該当し、かつ税法上の居住地国が日本以外の個人の実質的支配者がいる場合で、国税庁より法人番号を指定されている場合のみ、必要となります。

口座開設申込書の再印刷はできますか。

口座開設申込書類の再作成よりご自身で再印刷ができます。
紛失や書き損じの場合等にご活用ください。

口座開設申込書類の再作成画面より、「受付番号」と「カナ名義」をご入力いただき、「口座開設書類を印刷」より再印刷ください。

受付番号は、口座開設申込の受付完了画面および受付確認のメールでご確認いただけます。ご不明な場合はビジネスアカウント専用カスタマーセンターへお問い合わせください。

口座開設申込書の再印刷ができません。どうしたらいいですか。

口座開設申込書類の再作成ページにおいて、口座開設申込書類が印刷できない場合、申込画面でご入力いただいた受付番号やカナ名義が相違している等の理由が考えられます。入力内容が正しいかご確認ください。

法人・営業性個人のお客さまのカナ名義の入力方法について

お客さまのカナ名義がご不明な場合はビジネスアカウント専用カスタマーセンターへお問い合わせください。

口座開設画面で入力を間違えて申し込みしました。訂正できますか。

口座開設申込書に、手書きで訂正いただけます。

訂正箇所を二重線で取り消していただき、上部に正しい情報をお書き入れください。取り消しされた箇所や訂正した文字にかからないよう、該当箇所横の余白に取引印をご捺印ください。

口座開設の申し込みを取り消すには、どうしたらいいですか。

口座開設申込書類を送付していない場合は口座は開設されませんので、取り消しのお手続きは不要です。

口座開設申込書類を当社に送付された後に取り消しをご希望の場合は、ビジネスアカウント専用カスタマーセンターへお問い合わせください。

口座開設の進捗状況を教えてください。

口座開設の進捗状況をお客さまご自身でご確認いただけます。

口座開設の進捗状況の確認

また、以下のタイミングでメールを送信しております。

  • 口座開設申込受付完了時
  • 口座開設申込書類の到着時
  • 不備等があり、申込書類をお返しする時
  • 口座開設手続完了時
  • キャッシュカード・トークン発送時

書類をお送りいただいてからキャッシュカードが届くまで10日〜2週間です。

複数口座を開設することはできますか。また、開設後に追加で口座を申し込みすることはできますか。

法人口座は、一事業所(同一住所)に対し、合計20口座まで開設いただけます。
営業性個人口座は1個人につき1口座となります。(個人口座とは別に1口座お持ちいただけます。)

法人口座は、口座開設後に追加で口座を申し込みすることも可能です。

複数口座開設のご案内

このページの先頭へもどる
ここからサイトのフッターメニューです。

Copyright The Japan Net Bank, Limited.
All Rights Reserved.